相続・遺言手続のクリアー行政司法書士事務所

相続手続きの期間は3ヶ月?


たまに,
「3ヶ月以内に手続きをしないといけないから…」
と,あせって相続手続きの相談に来られる方がいらっしゃいます。

相続手続きは,3ヶ月以内にしなければならないものなのでしょうか。
「3ヶ月の謎」について解説していきます。

1.相続放棄
亡くなった方に借金がたくさんある場合,相続放棄の手続きを取ることが多くなります。
この相続放棄の手続きは,「3ヶ月以内」に家庭裁判所に手続きをしなければいけません。

3ヶ月以内に手続きをしないといけない,と思われる方は,この相続放棄の期間の「3ヶ月」を,「3ヶ月以内に相続手続きをしなければいけない」と理解していることが多いようです。

借金がある等,相続放棄をする場合には「3ヶ月」です。
放棄をせずに相続したい場合は,この「3ヶ月」というルールはありません。

2.印鑑証明書の有効期限
よく,印鑑証明書の有効期限が3ヶ月…と理解されている方が多いようです。
この有効期限とは,印鑑証明書を役所で発行してもらった日から3ヶ月ということになります。
つまり,再度取り直せば3ヶ月は気にしなくていいということになります。

とはいえ,「相続による不動産の名義変更」手続きの際に使う印鑑証明書は,多くの場合,3ヶ月以内という有効期限はありません。
詳しくはお問い合わせいただくにしても,印鑑証明書の期限が,そのまま相続の手続きの期限,ということではありません。

以上,3ヶ月という期限について実際に目にする例を2つ解説しました。

では,相続手続きはいつまでにしたらいいのでしょうか。
相続による不動産の名義変更手続きについては,

「急ぐ必要はないが,早めにやったほうがいい」

という答えになります。
つまり,「具体的に何日以内に手続きをしなければいけない」という規定はありません。
そもそも,不動産の名義変更は「権利」であって,強制されるものでもありません。

名義変更したくなったら,すればいいのです。
これが,「急ぐ必要はない」という理由です。

ただし。
「早めにやったほうがいい」
理由もあります。

(1)相続人の行方不明者発生
相続人の一人が行方不明になってしまったり,連絡先がわからない…ということが起こりえます。
連絡は取れても,海外に移住してしまう…ということもあります。

(2)手続きが増える
相続手続きが終わらないまま放置することで,相続人が亡くなった場合,相続手続きを複数回,こなすことになります。

(3)相続人が認知症になる
特に,相続人が兄弟姉妹の場合など,相続人の誰かが認知症に掛かることが多々あります。
この場合は「遺産分割手続き」に大きな支障を来すことがあります。

他にもまだ例はあります。
ただ,共通して言えることは,

「手続きに関係者が増えたり…それによって時間や費用,お金が掛かる」

ということです。
だからこそ,
「早めにやったほうがいい」
ということになるのです。

相続手続きの相談は無料です。
相続手続きに関するご相談は,白老町内唯一の司法書士事務所であるクリアー行政司法書士事務所をご利用ください。

相談の申込みは,リンク先のフォームよりお願いします。
http://clear.main.jp/?page_id=37


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。