相続・遺言手続のクリアー行政司法書士事務所

見過ごしがちな相続の土地


「今,住んでいる土地と建物を名義変更して欲しい」
という依頼を受けます。

ここで問題になるのが,土地の筆数です。

※土地は1筆,2筆…と数えます。

土地は地続きなのでわかりづらいですが,1筆とは限りません。
建物の底地が2筆だったり3筆だったり…

あるいは,底地は1筆だったとしても,その周辺にいくつか土地がある。
そんなことはめずらしくありません。

もし,土地が1筆だと思いこんで,1筆だけ相続手続きをした場合。
他にも土地があったら,まったく同じ手続きをやり直すことになります。

10年前に名義変更をしたはずなのに,名義が変わっていない。
そんな相談が,数年に1回程度,寄せられます。

残念ながらもう一度全部手続きをやり直さなければなりません。

このような事態を防ぐためにも,きちんと不動産を調査して,相続不動産を特定しておかなければなりません。

相続不動産の特定については別の記事をご覧ください。
相続手続きの相談は無料です。

相談の申込みは,リンク先のフォームよりお願いします。
http://clear.main.jp/?page_id=37


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。